大人ニキビはとてもやっかいで、同じようなところに繰り返してできてしまうのが悩みの種です。

ちょうどあごの辺りに集中してできてしまい、治すのに時間がかかってしまいます。

あご周辺にニキビができる原因はホルモンバランスの崩れが多く、男性ホルモンの影響を大きく受けているちょうど男性のひげが生える部分、すなわちあご周辺にできやすいのだそうです。 これをケアするには生活改善をしながらスキンケアを地道に続けていくのがベストです。

ニキビは乾燥は厳禁で保湿はたっぷりと行うのが良いので、肌が乾燥しないややしっとりめのニキビ化粧水を使用するようにしています。 ニキビ化粧品にはニキビの炎症を抑える効果がありますが、肌質によっては乾燥してしまいます。 私は乾燥肌なので、なるべく低刺激でしっとりするタイプを選ぶようにしています。

ビタミンCにはそのニキビの炎症を抑える効果があり、おまけに美白作用も期待できるので、植物由来のビタミンC誘導体配合のニキビ化粧水を使用しています。

また、しっかり保湿されていると肌が柔らかくなり肌の奥まで化粧水の水分や有効成分が届くようになるので、保湿はかなり入念に行った方が良いです。

普段のスキンケアに加えて、シートマスクでパックしたりスチーマーなどを使用するなど、保湿重視のニキビケアをしていけば、時間はかかりますがニキビは改善していきます。

wonderegg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です