winters-1919143_960_720 年齢を重ねていくにつれて、肌がカサカサと乾燥しやすくなります。 これは、肌に含まれている保湿成分が減少することが原因です。

保湿成分不足で起こる、主な肌トラブル

肌の保湿成分が低下すると、肌に多くのトラブルがあらわれやすくなります。最も感じやすいのが、カサカサとした乾燥です。肌が白く粉をふいたような状態となり、メイクのノリも悪くなるので気を付けましょう。 さらに、肌は保湿成分が低下するとバリア機能も低くなってしまいます。その結果、紫外線や摩擦、ホコリや花粉などの外からの刺激に弱くなり、かゆみや炎症、黒ずみなどがあらわれやすくなるので注意が必要です。 カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使用したムダ毛処理も肌を刺激する要因になるので、気を付けましょう。 保湿成分の低下は、肌のターンオーバーの低下にも繋がります。肌の水分量が少ないということは、肌が健康な状態ではないということです。 そのため、新しい皮膚を作り出すための栄養が届きにくくなってしまい、ターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。肌のターンオーバーの乱れは肌のハリや弾力の低下に加え、シミやそばかす、ニキビ跡の原因にも繋がります。

3つの代表的な保湿成分

Eva_Riccobono_2 一言で保湿成分といっても、さまざまな種類があります。 その中でも多くのスキンケアアイテムに配合されているのが、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3つです。 これら3つの保湿成分は、20歳を過ぎたあたりから減少するという特徴があります。ですので、乾燥肌を防ぐためには10代20代から意識して保湿成分を補うようにしましょう。

40代からはヒアルロン酸補充を意識して

20代から減少をはじめる保湿成分ですが、中でもヒアルロン酸は40歳までの減りは穏やかなものの、40代後半ごろから減少スピードを早めるという性質があります。 個人差もありますが、40代後半では20代の半分ほどにまで減ると言われています。 そのため、40歳を過ぎたころから肌の乾燥がつらくなったという人は、ヒアルロン酸不足が考えられます。 ですので、ヒアルロン酸を意識してスキンケアすることで、肌の乾燥や弾力、ハリと整えることが期待できます。

ヒアルロン酸を上手に補うポイント

about_seibun_1 私達の肌は表面に近い部位から表皮、真皮、皮下組織と分かれています。 ヒアルロン酸は、この中の真皮にある保湿成分になります。水分を保つ力に優れていて、ヒアルロン酸1gで6リットルの水分を保つことができると言われています。 ですので、ヒアルロン酸配合のスキンケアアイテムを使うことで、乾燥肌を効果的に改善させることが可能です。 ヒアルロン酸の働きを高めるためには、低分子化やナノ化されたものを選ぶようにしてみましょう。肌への浸透率が高まります。 また、ヒアルロン酸は水とも油とも相性の良い保湿成分になります。そのため、水分の多い化粧水や、油分の多いクリームなど多くのアイテムに配合することができます。ライン使いしやすいというメリットがあるので、そうすることで効果的に乾燥肌をケアすることが期待できます。

ヒアルロン酸が豊富なイシュタール

イシュタールにはヒアルロン酸が豊富に含まれています。 アンチエイジングと美肌を目的とされた化粧品なので、確実な効果が期待できます。 イシュタールについては、イシュタールの口コミが掲載されているサイトなどをご覧になるのが良いかと思いますよ。 今回ご紹介したサイトは、口コミ集のようなものから、実際に使用したレビューも掲載されているので、とてもわかりやすいです。  

wonderegg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です